こんにちは。

整体院あかつき 院長の岡田です。

 

 

 

今日はもう、何をしても腰が痛い!そんな時にして欲しい3つの事。

その3。です。

 

 

 

 

 

最終回の今回は

痛めてしまってからの経過を考えるです。

 

 

 

 

何らかの原因もしくは何もしてなくても

急激な痛みに襲われる。

 

 

 

ホントに怖いですよね。

 

でも、起こってしまったからには対処しかない。。

 

 

そこで痛めてからの経過を気にして欲しいんです。

なぜか、、、

 

 

 

 

痛みの状態によってとるべき行動が変わってくるからです。

 

 

1.動かない状態でも痛い。

2.安静にしていられない程の激痛。

3.痛みだけではなく麻痺、力が入らない。

4.発熱がある。

5.排便や排尿ができない、しづらい。

6.痛みの強さは増している。

 

 

 

以上の質問に1つでも当てはまるようなのであれば

すぐに病院に行った方がいいでしょう。

 

 

内科的な疾患、重度のヘルニア、感染症などが疑われるからです。

 

 

「腰痛」と言っても様々な種類があるんです。

整形外科でしか良くならない腰痛の領域。

整体院などでしか良くならない腰痛の領域。

 

 

適切な場所に行き治療を受ける事が

最も大切です。

 

 

 

 

 

本日もブログをご覧いただき、本当にありがとうございました。