こんにちは。

整体院あかつき 院長の岡田です。

 

 

 

 

今日も腰痛でお困りのアナタに

有益な情報をお伝えしていきます。

 

 

 

 

病院に行き「脊柱管狭窄症」と言われました。

もう手術しかないみたいですけど、

正直、手術したくないんですよね….

 

 

 

 

そんな患者さんがをいました。

20・30メートル歩くと辛くなって、休憩しないと歩けないんです。

と、言われていました。

 

 

 

できるものなら、手術したくないのは本音ですよね?

もちろん、直腸・膀胱障害など出ている場合は

手術しなければいけません。

 

 

 

 

でも、それ以外で病院でけん引しても改善しないなら

この方法を試してみて下さい。

 

 

 

腰部脊柱管狭窄症のセルフエクササイズ。

2014y03m21d_155035405 (1).jpg

 

まず、仰向けになります。

その状態から膝を抱えこむ。

 

 

 

すると、腰椎がぐ~っとストレッチされます。

さらに、股関節のストレッチにもなるので

腰への負担を減らす事が出来るようになります。

 

 

慣れてきたら、膝を抱える方向を変えてみて

いろいろな方向に伸ばして下さい!

 

 

 

当院でアプローチするなら

股関節の可動域を広げて腰椎・胸椎・頸椎など

動きの悪い関節可動域を広げ

狭窄症の部分に負担のかからない体づくりをしていきます。

 

 

 

 

今回紹介したセルフエクササイズなら

自分で簡単に出来そうですよね?

 

私も施術でよく使います!

 

 

是非試してみて下さい!

 

 

 

本日もブログをご覧いただき、ありがとうございました。