こんにちは。

整体院あかつき 院長の岡田です。

 

 

今日も便秘・軟便でお困りのアナタに

有益な情報をお伝えしていきます!

 

 

 

今日のテーマは

「ガス」もしくは「オナラ」が溜まってしまう原因

についてお伝えしていきます。

 

 

 

 

ガスが溜まりやすい原因の一つに

「腸内環境」が挙げられます。

 

 

腸内には500兆~1000兆の細菌がいるといわれています。

重さにすると約1.5キロ。

 

 

人体の細胞が60兆個といわれてますから

その凄さがわかりますよね。

 

 

 

この菌達のバランスが崩れるだけで

体に大きな影響がでてしまうことは

ご理解して頂けると思います。

 

 

 

 

善玉菌が2割

日和見菌が7割

悪玉菌が1割

というバランスが理想の割合です。

 

ちなみに生まれたての赤ちゃんは99パーセントが善玉菌だそうです。

 

 

しかし、この「腸内環境」が崩れる

つまり悪玉菌が多くなってしまうと

アンモニア、硫化水素、インドール、スカトール、アミン等が含まれる臭いオナラ

が発生し溜まってしまうわけです。

 

 

悪玉菌は

肉などのタンパク質、アミノ酸を餌に増えてしまったり

食物繊維が少なかったりすると増えてしまいます。

 

 

 

腸内環境を整える。

まずはガスを発生させない事が大切。

という事です。

 

 

 

 

でも「ガス」「オナラ」を発生させるものは

他の要因も結構ありますので

次回はそれについてお伝えしていきます。

 

 

 

本日もブログをご覧いただき、本当にありがとうございました。