こんにちは。

整体院あかつき 院長の岡田です。

 

 

今日も腰痛でお困りのアナタに

有益な情報をお伝えしていきます。

 

 

 

 

みなさま座っている時の良い姿勢って

どうイメージされるでしょうか?

 

 

 

きっと背筋が、ぴっと立ち肩が引けて首が前に出ない

イメージだと思います。

 

 

 

では、お尻(坐骨)の状態はどうなっているでしょう?

 

 

坐骨とは骨盤の骨の一部で、

私が座っている時最も注意してもらいたい骨です。

 

 

 

坐骨は座った時イスに当たる骨です。

自分で触ってもらうとわかると思います。

body_kotsuban.png

黄色い骨の一番下の部分です。

 

 

その坐骨が立っている状態が一番理想です。

109-person-illustration.jpg

 

 

坐骨が後ろに倒れている状態で、姿勢を良くしようと

してしまうと腰から背中の筋肉が張ってしまい、

腰痛の原因になってしまいます。

 

 

見た目では姿勢がよくなっているけど、実際は筋肉が頑張っているだけなのです。

これは筋肉にとって非常に負担になってきます。

 

 

 

逆に坐骨が立つと、自然と背筋が良くなります。

まずは坐骨を意識して座ってもらえればと、思います。

 

 

 

でも、ず~っと姿勢を良くするのもつらいと思いますので

仕事場でデスクワークしてる時だけ!

など決めた方が良いと思います。

 

 

すると、良い姿勢を維持する腹筋・背筋が自然と鍛えられ

良い姿勢でないと違和感が出てくるといった感じです。

 

 

 

トレーニングもずっとしてたら疲れますよね?

 

たまには、だらっとしてイイんです。

無理せず決めた時間だけ意識してみましょう!!

 

 

 

 

本日もブログをご覧いただき、本当にありがとうございました。