こんにちは。

整体院あかつき 院長の岡田です。

 

最近、平昌オリンピックの女子カーリングが気になって

パソコン作業が手につきません。笑

試合中に食べるおやつが

とってもおいしそう。。

がんばれ!女子カーリング!!

 

 

 

さて、本日は

便秘の人が日々悩んでいる問題。

「トイレに座ると出ない」

「お腹がはって苦しい」

「トイレにこもりたくないけど、もう少しで出そう」

「長時間トイレに座っていると腰が痛い」

 

 

なるべく短い時間で自然と排便を済ましたい。

これ、本当に重要ですよね。

 

 

 

そんな時は「姿勢」が大切です!

「考える人 フリー素材」の画像検索結果

●前かがみになる。

前かがみになる事によって「恥骨直腸筋」がゆるみ

自然と排便しやすくなります。

 

 

●つま先立ちをする。

つま先立ちをすると腸と肛門に位置がまっすぐになり

排便しやすくなります。

 

 

●肘を膝につける

肘をつくと自然と丸まり腹圧が高まって排便しやすくなります。

 

 

 

あと、カイロなどでお腹を温めながらトイレに入ると良かった。

股関節を回してから、お湯を飲んでから、ウォシュレットで刺激して、

などの患者さんの声の聞きます。

是非試して下さいね!

 

 

長時間いきんでいると

痔の原因になったり、高血圧の人は血管、心臓に負担がかかりますから

なるべくはやい時間で排便できる体を目指しましょう!

 

 

整体院あかつきでは「便秘タイプ別診断」を無料でおこなっています。

お気軽にお問い合わせください。

 

お電話はこちら080-4790-5669

メールはこちら

 

 

 

本日もブログをご覧いただき、本当にありがとうございました。