こんにちは。

整体院あかつき 院長の岡田です。

 

 

 

「便秘気味でクスリが手放せない」

「飲みたくないけど、クスリ飲まないと出ない」

「毎日飲んでるからいつものクセで」

 

 

 

 

出来れば自然に、スッキリ出したいですよね。

そこで自分でできるセルフケア。

薬を手放したい人必見です!

 

 

 

じゃあ薬はそもそも何をしてくれてるの?

ってところですけど

 

 

 

薬は便に水分を与え膨張させる

小腸から腸液の分泌亢進

そして

腸管をクスリの作用で強制的に動かす

 

 

 

 

という事をしています。

動いてないものを動かしてくれるわけですね。

 

クスリの副作用で大腸メラノ―シスというものがあります。

これは薬物の代謝過程で色素沈着が起こり

腸管神経の影響を与え腸の動きが悪くなります。

 

できる事なら自然と出したいですよね。

 

 

 

そこでとても有効なコレ!!

 

 

ずばりマッサージ。

腸にマッサージで刺激を与えて腸を動かしやすくしてあげる。

 

 

 

 

さっそくやり方です。

「骨模型 フリー素材」の画像検索結果

 

ポイント1

まずは右の骨盤の骨の内方。

そこのマッサージ。

腸でいうと上行結腸です。

 

 

ポイント2

右の肋骨の下方。

横行結腸です。

ストレスの多い方は固い場所です

 

 

ポイント3

左肋骨の下方。

下行結腸です。

 

 

ポイント4

右の骨盤の内方。

ここはS状結腸があり

とても便がつまりやすい所です。

 

 

ポイント5

時計回りにマッサージ。

終わったらカイロなどで温めましょう!

 

 

 

そしてさらに重要な事!!

 

マッサージを自分でやる際は必ず

軽めの刺激でおこなって下さい!

 

強くやると逆に力が入ってしまい(腹壁反射)

効果がないです。

 

そしてやる際は仰向けの状態で膝を立ておこないましょう。

筋肉が緩まり刺激が腸に伝わりやすいです。

 

 

繰り返し行うと腸がしっかり反応してくれ動きだしてくれ

排便が出来る体になっていきます。

 

 

このセルフケアをやって頂けると

お腹のはり感、残便感、ウエストの細さなども徐々に変わってくると思います。

 

 

 

 

整体院あかつきでは「便秘無料診断」をおこなっています。

お気軽にお問い合わせください!

 

電話はこちら

メールはこちら

 

本日もブログをご覧いただき、本当にありがとうございました。