便秘で死亡する事例は実際にあります。

 

 

 

こんにちは。

整体院あかつき 院長の岡田です。

 

これはあくまでも、かなりの重症例です。

 

 

 

 

 

まず、便秘が起因する死亡例は少数と言えるでしょう。

便秘で死亡する前にかなりの症状に悩まされ病院に行くことになると思います。

 

 

お腹がはる、食欲がでない、息をするのも苦しい、吐き気がするなど

便秘が原因と考えにくい症状が襲ってきて病院に駆け込むことになるでしょう。

 

 

 

腸は便が溜まり排便中枢が刺激されるものです。

しかし、便秘で詰まっている状態では排便できず

腸にとどこうります。

 

 

すると、腸がその状態を覚え

排便のするという信号を出さなくなり便秘になっていきます。

 

 

だから便秘は怖いという認識をもってもらいたいです。

 

腸自体の病気の事もありますので、検査や専門家に相談した方がいいと思います。

 

みなさんも、便秘に対する正しい知識を蓄え対処しましょう。

 

 

 

 

 

本日もブログをご覧いただき、本当にありがとうございました。