はい。

気分が落ち込みやすくなりますね。

で、風邪とかもひきやすくなります。

 

 

 

こんにちは。

ガラスに気付かずぶつかり久しぶりに、たんこぶができた

整体院あかつき 院長の岡田です。

 

 

 

今日は腸とうつの関係について。

この話は結構有名ですよね。

 

 

腸では「セロトニン」という神経伝達物質が作られています。

神経伝達物質というのは、神経から神経に情報を伝える時に使うものです。

 

 

このセロトニンは別名「幸せホルモン」と言われていて、

心の安定の為に重要なホルモンといわれてます。

 

うつ病の患者さんにはセロトニンを投薬する場合もあります。

 

 

 

うつとまで気分は落ち込まなくても、気分が晴れない時ありますよね?

もしかしたら、セロトニンの影響もあるかもしれません。

 

 

 

では、対策です!!

まずセロトニンの原料はタンパク質です。

 

肉、魚、卵、豆など。

でも、それだけではセロトニンは生成できないので

ビタミンですね。

 

 

ビタミンはお互い助け合って効果を発揮するので、

私はセロトニンを作るという目的だけであれば

サプリメントのマルチビタミンをおすすめします。

 

ほぼほぼこれを飲めばビタミンは充分でしょう。

しかし、サプリはあくまでも食事の補助です。

理想はバランスのとれた食事からとれるのがベスト!!!

 

 

サプリメントを分解する時は内臓にも負担はかかりますから、

あくまでも、食事から改善し腸内環境をよくしましょう!

 

「食事 フリー画像」の画像検索結果

 

たんこぶが痛いのでこのへんにしときます。

本日もブログをご覧いただき、本当にありがとうございました。