はじめまして!

整体院 曉-あかつき-  院長の岡田です。

今日から便秘、軟便、腰痛、肩こりなどにお悩みのあなたに有益な情報を書いていきます。

まずは、便秘に事について書いていきます。

 

 

 

まず、便秘といっても様々な種類があります。

 

 

当院で一番多くみられるのは、水分不足性の便秘です。

特に冬の今の時期は多いです。

 

 

 

冬は乾燥があり、汗をかかなくても皮膚表面や口から水分が抜けていきます。

しかし、夏と比べて水分摂取はいかがでしょうか?

おそらく少なくなっているのではないでしょうか?

 

 

 

そこで便秘解消の一手としてオススメなのが水筒、またはペットボトルを持ち歩くことです!

一度にたくさんの水分を取ると、胃酸が薄まったり、内臓器に負担がかかってしまうことがあるので、少しずつ飲むのが理想です。

特に今の時期は意識して水分を取る様にしましょうね。

 

 


実際どれくらいの水分を取ればよいのか?

 

 

便秘の方は他の人より多く水分をとらなければなりません。

 

 

 

なぜなら、便秘は便自体が腸内にとどまり再吸収をされつづけ水分が失われてカチカチになっていることが多いからです。

 

じゃあどれくらいの水分をとればいいのか。

 

(身長+体重)÷100

です。

身長160センチで体重50キロの人であれば2.1リットル。

そのうち食物から取る水分はおよそ1リットル。

便秘の方であれば少し多めに見積もって、1.5リットルくらい取りましょう。

 

これ、意外と大変です。

しかし、これだけ日々水分は失われているんですよ!

みなさん意識して水分取りましょうね。

 

 


水分摂取のベストなタイミングとは?

 

 

 

ここだけは必ず水を飲んで下さい!!

 

 

 

ズバリ、朝!!

 

朝は夜間の汗、代謝で水分を失ってしまいます。

朝に水分をとると、胃が水分によって刺激され腸が動き出すシステムが働きます。

このシステム「胃・結腸反射」という難しい名前がついています。

 

 

 

水を飲む事によって自然と腸が動きだします。

特に朝は排泄の機能が高まる時間ですのでとても効果的です。

さらに朝に、水を取ることによって血流が良くなり頭がクリアになりスッキリ目覚めることができます。

ぜひ、一度試してみて下さい。

 

 

 

 


便秘に効く!水の選び方。

 

 

まず、便秘の方は

便が腸内で水分再吸収されカチカチの状態になっています。

そんな状態が続くと腸内、肛門周囲で炎症が起こります。

すると、排便時に痛みが伴いさらに排便しにくい体へ。

 

 

 

そんなあなたに試してもらいたいのは「硬水」を飲んで頂くこと。

私がオススメしているのはナチュラルミネラルウォ-ターです。

天然水ですね。

代表的なのはクールマイヨール、コントレックスなど。

 

 

硬水の中にはミネラル分がたくさん入っていて、その中のマグネシウムが便秘に良くききます。

便に水分を含ませてくれ排便しやすくなります。

しかし、妊娠中の方や離乳食を硬水で作るなどは控えたほうがいいですので注意して下さい。

 

 

 

マグネシウムだけで言うとボトルドウォーター(天然水にミネラル分をプラスしたもの)や錠剤のほうが

マグネシウムは豊富ですが、ミネラルバランスや内臓への負担を考えるとやはり天然水がオススメです。

 

毎日飲んでる水分を硬水に変えてみる。これだけなら簡単にできそうですよね?

 

 

 

本日はブログをご覧いただき、本当にありがとうございました。